【看護師コラム】訪問看護ステーションでの“転職失敗”を避けるために私たちが考えていること

[最終更新日]

看護師の落合です。

私は訪問看護師として働く中で、
「訪問看護での転職先の選び方がわからない」
「紹介をされた訪問看護ステーションが合っていなかった」
「自分に訪問看護は向いていないのかも…」
といった相談をよく受けてきました。

訪問看護の現場を知り、そんな悩みを聞いてきた私たちだからこそ、できる紹介があるのではないかと立ち上げたのが、この在宅医療支援機構です。

今回はそんな私達が転職失敗を避けるために意識をしている、
訪問看護ステーションの転職先選びについてご案内をいたします。

まず、弊社は訪問看護への転職希望の看護師さんには、まず私たちと面談をして転職先の希望や看護観などを詳しくヒアリングとご相談をいたします。

その後、弊社にてご本人の希望に沿った事業所をいくつかピックアップしたうえで、可能な限り事業所の事前見学をお願いしています。

他の紹介会社さんは見学がないだけでなく、条件のみ提示し転職会社の方とは面談なく、すぐに事業所での採用面接となることも多いようです。
看護師さんのなかにも弊社のようなシステムを面倒くさいと思われる方もいるかもしれません。

そんな中、私たちはが訪問看護転職での事前見学をお願いすることにはそれ相応の理由があります。

訪問看護事業所の運営形態は病院のそれ以上に様々です。

人数、利用者の属性や多い診療科、教育の有無、緊急対応の有無やその方法など、事業所毎にそれぞれかなり違ってきます。

また、少人数の事業所が多いため、事業所の価値観や雰囲気なども実に様々です。

~~~

・管理者や他メンバーと看護観がマッチするか?

・これまでの自分のキャリアが活かせるか?

・望むキャリアが構築されるような症例や支援、教育体制はあるか?

・自身のロールモデルとなれる存在がいるか?

~~~

このような様々な疑問をクリアするためには、
私たちからご案内できる事業所の特徴とは別に、
ご自身の目で、耳で、肌で現場の空気を感じ取って必要があり、
そのための事前見学だと考えております。
看護師さんと事業所のマッチング、定着に注力するからこそ、事前の面談や見学をお願いするのです。

最近ではすぐに転職希望されている方だけでなく、
「将来的には在宅や訪問看護に行きたい」
といった方のお問い合わせも増えています。

キャリアは急に考えたり、退職が決まってから探すものではないと思います。

もし将来的に訪問看護を視野に入れている方は是非お問い合わせ頂けると幸いです。

The following two tabs change content below.
落合 実

落合 実

高校卒業後、勤労学生として福岡市内の有床診療所に勤務しながら看護学校へ進学。 准看護師、看護師の資格取得に合わせて有床診療所から大学病院、訪問看護ステーションと、施設の種類を変えながらも一貫して終末期患者の看護に従事。上京後は看護師勤務と平行してWEBデザイン学校や日本政策学校に通学し修了。現在は緩和ケア認定看護師として訪問看護に従事しながらウィル訪問看護ステーションの教育や広報、採用などの仕組み構築の一端を担う。
落合 実

最新記事 by 落合 実 (全て見る)

#転職者に聞いてみた

#ホームケアラインについて