ウィル訪問看護ステーション江戸川 訪問看護師 増田翼 ー 在宅医療インタビュー

[最終更新日]

ウィル訪問看護ステーション江戸川にて、訪問看護師として活躍する藤井達也さんが訪問看護をはじめとする在宅医療にかかわる人々にインタビューを行います。今回は、同じくウィル訪問看護ステーション江戸川で働かれている看護師の増田翼さんです。どのような経歴やきっかけで、訪問看護の道に進んだのでしょうか?

WyL 株式会社
ウィル訪問看護ステーション江戸川
訪問看護師
増田翼

会社ホームページ

経歴
東京湾岸リハビリテーション病院(回復期病棟5年)→谷津保健病院(脳外科・消化器外科3年半)→ウィル訪問看護ステーション江戸川

 

訪問看護師を目指したきっかけを教えてください

幼少期に家族4世帯で住んでいて、高校生のときにひいおじいちゃんを在宅で看取りました。家の中で家族とともに過ごしながら最期を迎えられるっていいなって高校生ながらに感じて、漠然と訪問看護師を目指したいと思っていました。父親が看護師だったことも影響していると思います。

 

新卒では総合病院に就職するのが一般的な中で、リハビリテーション病院を選んだ理由は?

ひいおじいちゃんは脳梗塞の影響で身体的な後遺症がありました。もっとリハビリもできていたら何かできたことがあったのではないか?と自問自答する中で、リハビリに強みを持った看護師になろうと考えていました。いずれ訪問看護師になるとしてもリハビリの知識や技術は活きてくると思ったので。

 

訪問看護師として働いてみて、大変なことはありました?また、どのように克服していきましたか?

リハビリ病院で5年経って、在宅で働くなら急性期のアセスメントも身に付けておこうと総合病院の脳外科・消化器外科で3年半働きました。そのため8年半の病院経験があったのですが…逆にそれがプレッシャーになっていました。病院では相談される立場のほうが多かったので自分から相談するということに苦労しました。ひとりで訪問するからこそ周りに相談することや悩みを共有することが大切だと感じました。所属しているステーションは自己開示しやすい環境で不安や悩みを共有できる仲間がいたので安心して働くことができています。

 

訪問看護師として働いている中で嬉しかったエピソードありますか?

脳梗塞後遺症で嚥下障害があり、病院から経鼻胃管挿入のまま退院してきた利用者さんがいました。本人・家族とともに経口摂取の希望があり、僕自身もリスクマネジメントをしながらリハビリを進めれば経口摂取が可能ではないかとアセスメントしました。そこで、訪問診療の先生や訪問歯科の先生、言語聴覚士、ケアマネジャーなど多職種で連携を取りながらサービスを整えて摂食嚥下訓練を進めました。そして、ついに経鼻胃管を抜いて口から食べることができるようになりました。美味しそうに食べている利用者さんと嬉しそうな家族を見て、食べられることは人間にとって生きる糧になるし、活動の原動力になるのだなと感じました。

 

今後はどのようなキャリアを考えていますか?

これまでの経験から摂食嚥下の分野に強い関心があったので、今年度認定看護師コースを受講しました。地域の中で自分の専門的な知識・技術を活かしながら、少しでも多くの方が食べる喜びを感じながら過ごせるように支援できたらいいなと思っています。

 

最後に訪問看護師として働くか迷っている看護師へ一言お願いします

医学的管理だけでなく利用者さんやご家族の希望や生活背景を踏まえて関わっていけることが訪問看護の一番の魅力だと思っています。利用者さんの生活の中に入って、本当に困っていることを支援していく。それは訪問看護師だけで解決できるわけでもなく、多職種やインフォーマルな社会資源も巻き込んでいく必要があります。看護師としての幅を広げるためにも一度訪問看護を経験してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
藤井 達也

藤井 達也

地元名古屋の大学を卒業後、聖路加国際病院の救命救急センターで看護師として働き始める。高齢者の最期の在り方について疑問を抱く中で、より深く意思決定の場面に関わっていきたいと考え、訪問看護の道へ。現在はウィル訪問看護ステーション江戸川にて訪問看護師として働きながら、教育、採用、管理業務の一端も担っている。
藤井 達也

最新記事 by 藤井 達也 (全て見る)

#転職者に聞いてみた

#ホームケアラインについて